東大和市税理士は、休みにくいがやりがいの多さで頑張っています。

税理士という、企業や商店の決算になくてはならない国家資格の生業は、個人ではなく会社やお店相手のビジネスです。お客が会社の場合は、土日祝日やお盆の時期、年末年始は客先がお休みですから、税理士も一息つけますが、商店を客先に持つ税理士は土日もフル稼働のようです。
東大和市は比較的商店の多いエリアですから、東大和市税理士は、平日は都心企業の客先談義に時間を割かれ、土日は商店に出向いて店主の経営論議を聴きます。したがって意外に休みをとりにくいのですが、その分やりがいが多く、頑張っています。個人事業を顧客に持つ税理士さんは大変です。顧客の営業日に合わせなければならないからです。さまざまな業種の事業主を顧客に持っているとさまざまな休日形態となっていてより一層大変になるでしょう。しかし、それ以上に、顧客の会社が大きくなればなるほど、自分の成果としてやりがいを感じずにはいられないと思います。東大和なんて、とっても懐かしいです。私がまだ世間知らずだった若い頃に当時お付き合いしていた彼氏の実家が東大和にありました。私の自宅からは電車で1時間半ほどで少し遠かったのですが、何度も通いました。

更新 9月25日
ミャンマー 税務 906 6/4

Copyright ©All rights reserved.東大和市の税理士会計士情報 .